お問い合わせ

お問い合わせ

碳化铬

KN60碳化铬耐磨板

現在世界の海に敷かれた海底ケーブルは、総長80万kmで地球20周分に及ぶと言われています。丸紅メタルは、海外での海底ケーブル敷設事業や各種プラント建設などの国際入札に数多く参加し、中近東や東南アジアの海底油田地帯でトップクラスの実績を築いています。丸紅メタルが扱う海底ケーブルは、高品質な日本製を使用し、製品の取り扱いから敷設工事まで含めた総合技術力で、高い評価を頂いています。

  • 碳化铬堆焊工艺

    海底ケーブルは、沖合い海上の石油掘削用プラットフォームや淡水化プラントへの電力供給や通信網整備のための重要な役割を担っています。これら海底ケーブルには、電力ケーブルと通信用光ファイバーケーブルの複合型が主に使用されており、被覆は、海底での潮流や摩擦・船舶の錨による偶発的な衝撃に耐えるため、鉄線で厚く保護されています。供給先の施設内における電力・通信ケーブルについては、難燃性の高い特殊ケーブルなども取り扱い、大規模なプロジェクトで総合的なビジネスを展開しています。

  • 鑫州的碳化铬耐磨衬板

    丸紅メタルの海外におけるビジネススタイルは、各国で高い評価を頂いています。ビジネススタイルは各国それぞれ特有であり、そのノウハウを熟知することで、お客様より確固たる信頼を得ることが可能となります。海底ケーブル敷設事業などの大規模プロジェクトでは、技術的なサポートも数多く手がけており、現地事情に詳しい人材によるきめ細かなサービスを提供しています。 丸紅メタルは、今後も世界の海底ケーブルプロジェクトに挑戦していきます。